FC2ブログ
伊予国からオヤジのつぶやき♪
7月31日、火星が地球に大接近します。

15年に1回くらい、地球に大接近する火星。

2003年以来の大接近となります。

表面の模様を観るには天体望遠鏡が必要です。

大接近の時は小型望遠鏡でも可能です。

しかし木星や土星より難しいと思うので、

小型でも信頼できる望遠鏡メーカーがよろしいでしょう。

安く購入できても、ピントが合いにくいとか、

ガタガタ振動しやすい望遠鏡はガッカリするかもしれません。


火星大接近(2018/7/31) 
(拡大できます)

2018年7月31日21:00の南の空。

天の川のあたりに明るい土星がいます。

その左の方を見ると火星が見えるはずです。

この時期は、もう大変明るくなってます。

色が赤系で不気味な感じ。

すぐ分かるはずです。

天の川の右の方に目を向けると、明るい木星がいます。

夕方の西空には超明るい金星。

夕方以降、惑星オンパレードになってます。

是非一度見てください。

肉眼では模様は見えないけど圧巻です。

この現象は当日じゃなくても、だいたいその頃で大丈夫です。

すでに明るく大きくなってます。

大接近後も当分の間、明るく輝きます。

人類が火星に降り立つのはいつでしょう?

私が生きてるうちには無理なのかな。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:天文・天体写真 - ジャンル:趣味・実用

[2018/07/25 18:00] |
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可