伊予国からオヤジのつぶやき♪
最近ちょっと淋しい感じの宇和島商店街。

長い歴史のアーケード街だから、がんばってほしい。

あれから30年、今でも広々としてきれいだ。

想い出の店 
しんばし
一番足を運んだ店はここかもしれない。
初めて乗ったエスカレーターとエレベーターはここだったと思う。
表の方の店は1階だけの営業になっていたが、雰囲気は残っていた。



想い出の店 
新橋銀天街の坂本音響商会さん
40年前、入り浸りだった。
たくさんのレコードとラジカセを買ったのはここだった。



想い出の店 
銀行前のポスト
昔もここにあったと思う。
印象の強い場所(謎)



想い出の店 
横道に入ると広い空地(駐車場?)と城山
ここに丸の内百貨店(後にフジ丸の内店)があったはず。
子供の頃、屋上にあった観覧車や映画館を覚えている。
45年ほども昔にしては先進的な設備だったと思う。



想い出の店 
袋町商店街の山本ラジオ蓄音機店さん
欲しかったディープ・パープルのレコードをここで探し当てた。
1972年のことだが、その瞬間の嬉しさは今でも覚えている。
今でも聴き続けているが、ここで見つからなかったら・・・
聴いてないかもしれないし、ギターも買わなかったかもしれない。



夢を売ってくれていた商店街のお店は量販店にはない魅力を感じる。
つながりを大切にしたいね。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報

[2012/10/31 18:00] | 想い出
トラックバック:(0) |
昨日のブロ友さんの記事に37年前のアマチュア無線(ハム)仲間に再会できた記事が書かれていました。
掲載された写真を見ていると、私も70年代の世界に一気に戻っていました。
私はまだこの時期には無線はやっていませんでした。
その後、ご近所で開局しましたので、当時のアマチュア無線仲間のことを思い出していました。

アマチュア無線は独自に始めた趣味です。
友人に経験者がいなかったので、独学で始めたのはいいけど手探り状態。
人との交流が大きなテーマの一つですし、怖々入った趣味でした。

仲良くしてくれる人はいるんだろうか。
しかしその心配は無用でした。
宇和島のアマチュア無線家の方々は、新人を暖かく親切に迎えてくれました。
友達はあっという間に何十人もできました。
遊び仲間もできて楽しい想い出がいっぱいです。

写真を見て、ふと思い出した人がいました。
初めて交信した人だったのですけど、近くにお住まいの方で話しが弾んだと思います。
アンテナとか自作するのが好きだということで、「今使ってるものをあげるから来なさい」と言っていただきました。

翌日だったか、自転車で御自宅まで行きました。
出て来られた方は、70年代スタイルのお兄さんというイメージが残っています。
長髪、Tシャツ、ジーパン、スリッパのイメージですか。
物静かで優しい感じです。

2メーターの6エレのキュービカルクワッドというマニアックなアンテナです。
軽い!こんなもので電波は飛ぶのか?
自転車で片手で持って家まで帰りました。

アンテナを屋根に設置する時、仲間が協力してくれたことも覚えています。
消防署員と吉田高校の生徒さんでした。
職業年令関係なく仲良くなれるのもアマチュア無線のいいとこでしたね。

設置したアンテナの威力は想像以上で、強力な電波を発してくれたようです。
製作者にお礼を言った後、あまり交信する機会が無く、それっきりになってしまいました。



あの方は、どうしているのだろう?
見た目より年上だったようで、現在はもう60代後半のはず。

そのことを昨日の記事にコメントしましたら、お亡くなりになったようだとのこと。
深いお付き合いではなかったのですけど、新人の頃に優しくしていただいた方で忘れられません。
もうお会いできないと思うと残念でなりません。



32年前のハム仲間 
32年前のアマチュア無線のログ(業務日誌)



32年前のハム仲間 
1980年9月11日に、この方と初めて交信した記録が残っていた。
夜中に1時間半も話している。
なつかしい。

FC2blog テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2012/10/30 18:00] | アマチュア無線
トラックバック:(0) |
一昨日の日本流お月見は見逃してしまったけど

今夜の月はきれい 

今夜の月はきれいだと思う

FC2blog テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/10/29 18:32] |
トラックバック:(0) |
伊予市と松前町の境目あたりにある「天神社」

30年前から知っているのだが

今回初めて行ってみた

松前町の天神社 
広大な田畑の中にポツンとある。
不思議な感じさえする。



松前町の天神社 
手前に道が無いので北側の道から南にまわった。
初めて近くで見る鳥居。



松前町の天神社 
鳥居をくぐると、でかいソテツがあった。
ソテツだよね?



松前町の天神社 
いつも遠くから見る大きな木。



松前町の天神社 
初めて境内に入る。
きれいに手入れされてるようだ。
このあたりは農家が多くて穏やかな地域だ。



松前町の天神社 
遠くから見る印象より立派な感じだ。



松前町の天神社 
日露戦争記念碑
明治39年3月吉日



松前町の天神社 
境内の東側



松前町の天神社 
淡嶋大神



松前町の天神社 
天神社(朝日天神社)



松前町の天神社 
西側にも鳥居があった。
大正4年10月再建



松前町の天神社 
南側に東に抜ける道があるのが分かった。
東方向から初めて見た天神社。
思ったより大きく立派で、大切に整備されているようだ。

FC2blog テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報

[2012/10/29 18:00] | 伊予市界隈
トラックバック:(0) |
この夏からずっと寄り添ってる

親子かと思ったけど

これは夫婦だね

こんなに仲のいい関係は見たことない

いつも同じ距離を保っている



くもになりたい 
人のような知能はなくても本能があるのだろう

いや

愛情があるのかもしれない

毎朝、蜘蛛の巣を取り払っているけど

翌朝になるときれいに修復している

守っているのかな










と・・・ここまで準備をしていたのだが

今朝見ると

3匹になってる(゜o゜)

さては子供が生まれたか

竿の上のくも   
よく見ると、下の2匹は死んでるように見える

これって、もしかして

脱皮?

蜘蛛は脱皮して小さくなるの?

せっかくいい話にしようと思っていたのに

これじゃあ、蜘蛛のストーリーというより

蜘蛛の巣取~り~

ですな

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/28 18:00] | 日記
トラックバック:(0) |
本日の月は「十三夜」
これを「栗名月」「後の月(のちのつき)」というそうです。

9月30日の中秋の名月は、天候悪くて観れなかったと思います。
9月は雨の多い月なので観れないこともありますね。

日本では、遅れて十三夜のお月見を楽しむそうです。
といっても知らなかったですね。
今まで知らぬ間に中国式でやってたみたいです。

今夜は観れるといいのですけど。
愛媛地方は残念ながら雨の予報が出ているようです。


栗名月  
そういえば栗の形に似ている。
(iステラにて作成した画像です)



栗名月 
本文と写真は関係ありません。



栗名月 
栗しぐれ
(本文と関係ありません)



栗名月 
これは最高に美味かった!
親愛なるブロガーさんからのプレゼントでした。

FC2blog テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/10/27 18:00] |
トラックバック:(0) |
あの日から27年経った

今日は妻との出会い記念日

お祝いは年々縮小方向かな

あの日から27年 
今年はちょっとでかいケーキで

カロリー高いな

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/26 21:35] | 日記
トラックバック:(0) |
今年はバッタをよく目にする

バッタ 
夏色の緑のバッタは綺麗










バッタ 
秋色の枯れたバッタも素敵

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/25 18:00] | 日記
トラックバック:(0) |
国道を走って宇和島に入ると、そこは北フジだった。

必ず立ち寄るフジ北宇和島店。
広大な土地、広大な売場。
大きいスーパーなのに落着いた雰囲気。

宣伝料はもらってません。

何百回も行ったことがある想い出の「しんばし」「フジ1号店(恵美須町)」より、私は北フジの居心地がいいです。

フジ北宇和島店 
いつも停める屋上駐車場は空いていることが多い。


この店舗がいつ開店したのか調べても分かりませんでした。
私の記憶では、昭和56年~57年頃ではなかったかと思います。
もう30年も経過したのですね(゜o゜)

私が宇和島を離れる頃だったと思います。
「北宇和島に大きいフジができたんと~」
母親に聞いたのだったかもしれません。

行ってみると、巨大!
こんな大きな店が成り立つのかと思いました。
屋上が駐車場になってるのも画期的でした。

売場に下りてみると、向こうの端がかすんで見えないほど広大な面積。
比較的幅は狭く細長い形状でしょうか、迷いにくく落着いた雰囲気です。



いつもこの店舗に足が向いてしまうのは、好きな雰囲気だけではないかもしれません。
昭和58年に他界した母親がまだ動けていた頃、最後の方に一緒に買物に行ったからだと思います。 

しかし、何を買ったとか鮮明な記憶がないのです。
だから・・・もしかして母と行ったのは勘違いじゃないかとか思ってしまいます。
北フジが、もし昭和58年以後に開店したのであれば、私の想い出は成り立たなくなりますね。 



昨年から何度も訪れている北フジ。
店内には、オジさんオバさんが大勢歩いています。

「あ!今の・・・あいつじゃないか?」
「あの奥さん、あのこじゃないかなぁ」
とか、何度も思いました。

でも一度も声をかけていません。
違ってたら気まずいという気持ちがあるのです。

しかしそれより、もし覚えてくれてなかったら・・・
その時の淋しさが怖いのかもしれません。

FC2blog テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報

[2012/10/24 18:00] | 想い出
トラックバック:(0) |
宇和島探検は和霊神社隣の城北中学校へ

宇和島探検(5) 
須賀川の太鼓橋から見る城北中学校
30年前はまだ木造2階建てだったと思うが、4階建になっていた。



宇和島探検(5) 
正門付近
立派になったものだ。



宇和島探検(5) 
通学路だった東側の道に入ってみた。
右側に大きな本屋さんがあるせいか雰囲気が少し違う。



宇和島探検(5) 
東から見る校庭
校庭の「入らずの森(いらずのもり)」がなつかしい。
手前のネットが目ざわりだが仕方ないね。



宇和島探検(5) 
半世紀前の城北中学校
この日は体育祭だった。



宇和島探検(5) 
下校時の路地の風景。
出口は須賀川沿いになる。
あの頃と変わらない雰囲気だ。



宇和島探検(5) 
昭和の古い広告
あの頃もこれがあったのかもしれない。



宇和島探検(5) 
たしか1972年にできた歩道橋
ここが工事中の時は通学路も迂回していた。



宇和島探検(5) 
歩道橋の上から見る国道交差点方向
左側にホンダの店があったと思うが、コンビニになってるようだ。



宇和島探検(5) 
歩道橋から東を見る。
先日歩いた道連橋と特徴のある川原風景。



宇和島探検(5) 
歩道橋から西方向を見る。
この風景も何百回も見ただろう。



宇和島探検(5) 
また逢う日まで♪



宇和島探検(5) 
国道交差点まで歩いて東を見る。
和霊町郵便局の看板が見えた。



このシリーズ、一旦お休みします。
御清聴ありがとうございました。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/23 18:00] | 日記
トラックバック:(0) |
宇和島探検はまだまだ続きます。

いよいよ和霊神社へ

宇和島探検(4) 
ずいぶんお久しぶりの立派な大鳥居
駐車していた車が移動するのを待っていたが結局帰ってこなかった。
年輩の方だったと思うが、このセンス、どうなん?



宇和島探検(4) 
太鼓橋は健在であった。



宇和島探検(4) 
太鼓橋からの須賀川、海の方向。
こんなに右カーブしてたっけ。



宇和島探検(4) 
おこもり堂でしたっけ、正式には・・・なんだっけ?
相変わらずお城のように立派だけど、30年前と同じかな?



宇和島探検(4) 
和霊神社、25年ぶりか。



宇和島探検(4) 
門をくぐって、左手の階段。
和霊大祭の時は、この階段を下りていた。



宇和島探検(4) 
いちょうの木だったかな。
中学の美術の時間に、この木を描いたと思う。
郷ひろみの「男の子女の子」を歌いながら♪



宇和島探検(4) 
さあ、階段を上ってみよ~



宇和島探検(4) 
広い境内は、昔と雰囲気は変わらず懐かしい。



宇和島探検(4) 
風格がある。
太鼓の音が聞こえてきそうだ。



宇和島探検(4) 
右手の社務所は、ずいぶんきれいになったように思う。



宇和島探検(4) 
大鳥居と太鼓橋「現代版」



宇和島探検(4) 
大鳥居と太鼓橋「半世紀前」



続く・・・

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/22 18:00] | 日記
トラックバック:(0) |
国道11号を走るたびに気になっていたもの

入野SAの黄色い物体 
四国中央市土居町から見える黄色い物体
高松道の入野SAあたりだ










さてはミカン型UFOか?
本日、入野SAにて確認










入野SAの黄色い物体  
ミカン型UFOでした( ´゚д゚`)エー



入野SAの黄色い物体 
土居町の遠景
瀬戸内海と壮大な山々
いいとこですな

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/21 18:27] | 日記
トラックバック:(0) |


ゆめタウンで昼食

[2012/10/21 12:38] | 日記
トラックバック:(0) |


高松に車を下取りにもってきました。

[2012/10/20 19:23] | 日記
トラックバック:(0) |
続きまして、更に西へ

和霊公園に向かって歩く

宇和島探検(3) 
この建物がまだあるんだ(゜o゜)
子供の頃、何度も通った病院だったはず。
旦那さんが外科、奥さんが内科の先生だった。



宇和島探検(3) 
お~!アマチュア無線のアンテナ。
あそこはたしか・・・



宇和島探検(3) 
久しぶりに行ってみた、ハムショップ5さん。
もうやってないんだろうか。
宇和島を離れる頃、HFのアンテナ工事でお世話になった。



宇和島探検(3) 
和霊公園の交差点に来た。



宇和島探検(3) 
和霊公園の南の鳥居。
25年ぶりか、お祭りは30年以上も来てない。



宇和島探検(3) 
噴水はモデルチェンジして芸術的な趣きだ。
昭和40年頃できた噴水はライトアップされて、当時最新の技術だったと思う。



宇和島探検(3) 
昔より広くてきれいになった印象を受ける。
よく手入れされているようだ。



宇和島探検(3) 
あの高い木は、メタセコイア?
1か月後だったら紅葉して、最高の景色になるのでは。



宇和島探検(3) 
計画的に整備されたのだろう。
宇和島を代表する立派な公園だ。



宇和島探検(3) 
これが見たかった、やっと来れた。
昭和40年頃にできたすべり台。
当時は大勢の小学生が暗くなるまで遊んでいた。



宇和島探検(3) 
この蒸気機関車も、ここに来て何年だろう。
女の子が屋根に上って遊んでいた。



宇和島探検(3) 
C12蒸気機関車
長い年月を経過して字が読みにくかった。



宇和島探検(3) 
来年の夏に逢いましょう。



続く・・・

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/20 18:00] | 日記
トラックバック:(0) |
火星とアンタレスに三日月が接近

昨日がチャンスだったけどいまいちの天気だった

今日は撮らないつもりでウォーキングに出た

しかし絵に描いたような素晴らしい夕焼けに輝く三日月

もうどうしようもなく急いでカメラを取りに帰宅

撮影地を探して全力で歩いた

月と火星とアンタレス 

露出時間が難しい

長くすると三日月が満月になる

短いと星と夕焼けが写らない

こまったこまった♪

FC2blog テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

[2012/10/19 21:41] |
トラックバック:(0) |
昨日に引き続きまして・・・

何百回も通った路地が残っていた。

宇和島探検(2) 
その前に昭和の家を発見!
このあたりは国鉄官舎が並んでいたはず。
今はJRの土地だと思うので、これは詰所かなにかだろうか。
しかし使っているようには見えず、なぜこれが残されているんだろう。



宇和島探検(2) 
さていよいよ路地に突入!



宇和島探検(2) 
様子は変わっているけど、道はそのままのようだ。



宇和島探検(2) 
昭和の家が残っているとなつかしい思いだ。



宇和島探検(2) 
路地を抜けると、そこはおなじみの国道交差点。
右手のガソリンスタンドもがんばってるようだ。
向こう側のカーブの茶色い建物あたりに、たこ焼き屋さんがあった。
45年前のことだが、6個で10円だったのを覚えている。



宇和島探検(2) 
路地を振り返ってみると、やはりなつかしい。



宇和島探検(2) 
国道交差点から西へ。
すぐ左手に見えてきた。



宇和島探検(2) 
このあたりを調べるのが目的だった。
駐車場になっているけど、昔は神社や和霊町郵便局があったと思う。



宇和島探検(2) 
国道の反対側から見ると分かりやすい。
三島会館?消防の詰所か?
たしかにこのあたりに神社があったはず。


子供の頃の想い出・・・
今でも八幡神社や三島神社では夏に「輪抜け」をやっている。
私がお参りしていた輪抜けは、このあたりにあった神社で行われていた。
大きな神社ではないが、露店も並んでいたはず。
神社が消滅なんてことがあるのだろうか。
それとも夢か幻か。
かすかな記憶の中で「三島様」の名前がおぼろげに浮かぶ。
長掘の大きな三島神社との関係は如何に?


輪抜け 
セイコウさんのブログからお借りした長掘の三島神社の輪抜け



宇和島探検(2) 
この後で訪れた和霊神社の境内の片隅で見つけた小さな「三島神社」
昔からここにあったのか記憶にない。



続く・・・

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/19 18:00] | 日記
トラックバック:(0) |
八幡様の神輿を見た後、和霊校区を歩いてみた。

題して「宇和島探検シリーズ」スタート!

宇和島探検 
なつかしい和霊幼稚園に立ち寄った。
30年ぶりか?40年ぶりか?それ以上かも。
建物は昔のものが残っていたが、閉園されたらしく残念。
行事があるのか、車がいっぱいだった。



宇和島探検 
JR運転区の東側の通り。
北に進むとJRのガード下をくぐるようになる。
中学の時の通学路だが今日は左に曲がってみる。



宇和島探検 
さっきのガードよりもう一つ宇和島駅に近いガード下。
国道の方に出る時、近道として使っていた。
しばらくの間、中学校の通学路の迂回路にしていたことがあった。
左の木の向こうに宇和島城が小さく見える。



宇和島探検 
ガード下をくぐる前にJR運転区を北から撮影。
向こうに扇形の機関庫が見える。
まだ半世紀前を思い出せる景色だね。



宇和島探検 
カメラを左に振ると公営住宅と丸山。
線路の末端が曲線になっている。
小さいころ、あれで鉄棒の練習をした。



宇和島探検 
ガード下を通過して振り返ったところ。



宇和島探検  
さらに西へ歩く。
右手の方に友達の家があったはずだが。



宇和島探検 
闘牛場下の赤染神社あたりをズームイン!
昔は、一番上の家あたりに信者が集まる集会所のようなものがあった。



宇和島探検 
突き当りまで歩くと、北向きに路地がある。
昔のまんまのサイズだ。



宇和島探検 
路地を抜けて広い道に出た。
右を向くと遠くに丸島医院が見える。



宇和島探検 
ここは左に向いて行こう。



宇和島探検 
少し歩くと右手に路地が見えた。
この道、まだあったんだ(゜o゜)



続く・・・

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/18 18:00] | 日記
トラックバック:(0) |

最近、愛媛の宇和島を中心に勢力を拡大しつつある「懲しめ整体」とは、なんぞや?
ということで挑戦してまりました。

整体師さんは、ブログ「新・気功的整体師の奮戦記」「整体師、まーきみ。の奮戦記」などで人気のある「まーきみ。師匠」こと佐々木先生です。


懲しめ整体を訪ねて 
「ささき整体施術院」に到着。近所まで行きましたらすぐ分かりました。
予約の時間にぎりぎりセーフ。



懲しめ整体を訪ねて 
広い庭に駐車して、恐る恐る玄関へ。
ピュアガーデン」の方は奥様がされています。
チャイムを押すと佐々木先生がお待ちでした。



懲しめ整体を訪ねて 
ブログでは何度も見た「懲しめ整体」の幟がありました。
かなり広いスペースです。
幟の前で、やや緊張気味。

横にある部屋に案内されて症状とか必要な情報を書きました。
私の場合は、慢性的な肩こり、腰痛、そして最近ひどくなってきた五十肩です。

なんせ私は初体験です。
「痛いんじゃないのか」「耐えられるのか」やや怖い(@_@;)

いい音楽が流れる落着いた雰囲気の中、整体は静かに始まりました。

あれ?やさしい(^_^;)
気持ちいいです。

ブロガーとして積もる話は山ほどあって、会話をしながら進みます。

どのあたりからきびしくなるのだろうか・・・?
激痛が走ることがある左肩は大丈夫なのか。


左肩を重点的にほぐしていただきました。
普段、なんにもしなくても声をあげるほど痛い部分です。
さすがプロ!苦しくない。
少し感じる痛みも快感でした。
(私は痛いのが好きという趣味はありませんけど)

気持ちよかった60分は、あっという間に終わりました。
1時間も必要なんだろうかと思っていましたけど、気持ちいい時間はすぐ過ぎていきますね。

全身に潤滑油が入ったように動きが軽い。
血行がよくなったのでしょうか。

まだお話ししたいことの半分も喋ってなかったのですけど、この日は予約が多くてお忙しそうでした。
また次の機会に。

ありがとうございました。


懲しめ整体を訪ねて 
10月末までキャンペーン中ということで500円引きでした。
MINTさんの記事からクーポン画像を拝借してお見せしました。
この画像をスマホなどに取り込んでお使いください。

☆感想☆
施術終了後は、あまり感じなかったのですけど、数時間後に帰ってきてからのことです。
左の肩が軽い、激痛が消えた。
時間が経過してからの方が効果を強く感じました。

「懲しめ整体」とは、患者を懲らしめるのではなく、病気を懲らしめてくれるんだと思いました。
今更あたりまえですけど、あらためて理解と確認を致しました。

なお、心霊的な治療や超能力的なものではなく、プロの整体師が行うしっかりした技術ですから御安心ください。


私は、今まで西洋医学は万能だと思っていました。
ですから、腰痛などはいつも整形外科に通ってリハビリに頼っていました。
一昨年のひどい腰痛の時、何カ月通院しても改善しないので、腰痛体操の本を買ってきて自力で改善したことがあります。
これくらいで効果があるのなら、プロの整体だったらもっと効果あるのではないか?
今回体験してみて、やはり思った通りでした。

また行きま~す(^o^)丿


[2012/10/17 18:00] | 日記
トラックバック:(0) |
今日は、宇和島の八幡(はちまん)神社の秋祭り

32年ぶりに神輿を探してみた

八幡様の秋祭り 
昔よく見ていた商店街入り口の交差点にいた。
商店街に入ってきたところ。
昔より豪華というかきれいな感じ。



八幡様の秋祭り 
私は、「四つ太鼓(よつだいこ)」と呼んでいた。
子供が4人乗って太鼓を叩く。
こういう形式はわりと珍しいのではないかな。



八幡様の秋祭り 
昭和30年10月16日撮影
57年前の四つ太鼓。
現在よりシンプルかもしれないが、当時は荒々しい勢いがあったと思う。
といっても、私は生まれてませんけど(●^o^●)







八幡様の秋祭り 
スーパー「フジ」1号店がある通り。
随分きれいになった印象だ。



八幡様の秋祭り 
昭和30年10月16日撮影
57年前の同じような場所だと思う。
後ろ姿は、母と2人の姉。







八幡様の秋祭り  
須賀川あたりで牛鬼(うしおに)に遭遇。
子供用?なんてあったっけ?



宇和島ネタ・・・続くかも

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/16 21:43] | 日記
トラックバック:(0) |
庭を歩いていると

庭で見つけた 
夏から乗っていない娘の自転車
荷台の金具に変なものが
なにかの巣かな?



庭で見つけた 
手入れしない庭にも咲く花があった
次々と咲いている

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/15 18:00] | 日記
トラックバック:(0) |
もうやめようと思ってたラジオネタ。
しかし、せっかく同年代?の方が集まってくれたので、もう1回だけ(のつもり)。

1970年といえば、1つのブームが起こりました。
震源地は宇和島。
少年マガジンに連載されていた「メッタメタガキ道講座」が空前の大ヒットと言っていいでしょう。
全国的に大ブームになりました。
漫画家は宇和島出身の谷岡ヤスジ先生です。
先生は一躍有名になり、その後テレビ番組にレギュラー出演とか引っぱりだこだったと思います。

谷岡ヤスジ 
全国的に、アサー!!

強烈な個性の漫画でした。
朝に「アサーッ」 昼に「ヒルーッ」 夜に「ヨルーッ」と時間を告げるムジ鳥。
「鼻血ブー」「オラオラオラオラオラ」「じゃかーしゃい」「オドリャー」などの流行語が教室でも飛び交っておりました。
「バター犬」ってキャラもいましたね。



あの頃、南海放送のワイヤングなどで人気のDJだった泉浄彦アナ(いずみきよひこ)。
もうお亡くなりになられたと思いますけど、当時ワイヤングで「アサー!」の雄叫びをあげておられました。
キヨヒコさんは、谷岡ヤスジ先生を心から崇拝されていたのでしょうか。
ワイヤングの儀式になっておりました。
キヨヒコさんの雄叫びは「アサー!」ではなくて「ア~サ~!」でした。
独特のイントネーションで名物でした。
キヨヒコさんも谷岡先生に負けないくらいな個性がありましたね。
地方の放送局のアナウンサーにしておくにはもったいないくらいな個性(変人という説も)とタレント性がありました。



さて、おおむね同年代の有権者のみなさまにお集まりいただいておりますので、ちょっとお聞きしたいと思います。
私の直感では、MINTさんあたりがド真ん中かもしれません。

南海放送のラジオ番組、DJを中心にして「ヤング南海(だったか?)」というファンクラブが結成されました。
南海放送の主催で1971年だったと思います。
もちろん私も入会しましたし、友達も入会していたようです。
年会費はいくらだったか、500円くらいかなぁ、切手か小為替で送ったような気もします。

入会後、会員証とトレーナーが送られてきました。
トレーナーはVANの製品で、クラブの名前が入っていたように思います。
もったいなくて1回も袖を通さないまま40年が過ぎました。
探してみたのですけど目につかず、さては処分されたか。。。

新聞のような会報も時々届いたかもしれません。

特典は、イベントに参加できること。
71年の初夏でしたか、愛媛県内で何度かイベントが行われました。
宇和島大会は、たしか大宮ホールだったと思います。
私は、その日に行けなかったので悔しい思いをしました。

参加した友達の話を少し覚えています。
「キヨヒコが来とったぞ。わりとかっこよかったなぁ。」
「卓一郎(当時若手アナ)もおった。」
とか、楽しかったようです。

この会に入っていた方、おられますか?
イベントに参加された方、おられますでしょうか?

FC2blog テーマ:ラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/10/14 18:00] | 想い出
トラックバック:(0) |

Re: キースさん
まあくん
同窓会、行かれましたか。
ブロ友さんの同窓会の記事を読みました。
ホームページも立ち上がってますね。
私は先週の土曜日、宇和島に帰ってました。


No title
キース
返信ありがとうございます。
お盆の同窓会行ってきました。
会場が取れず商工会議所の会議室でしたが手作り感溢れる良い同窓会でした。

71年のヤングなんかいではないと思います。
万博の翌年ですから小学4年生。まだラジオは聞いていませんでした。
私の世代は70年を境に万博前、万博後で記憶していることが結構あります。

Re: キースさん
まあくん
同窓会のシーズンでしょうか。
いいですね。

当時の南海放送は、ワイヤングで1日の放送が終了だったような。
キヨヒコは個性的でした。
おもしろかったです。

大宮ホールのイベントに行かれたのですね。
71年のヤングなんかいでしょうか。
もう少し後かな。

当時のラジオ関係のお話しをできる方は少ないかもしれません。
ワイヤングのテーマ曲が、どこかのテレビでBGM的に流れていました。
タイトルを知らないのですが、なつかしかったです。


ワイヤングの思い出
キース
最近ラジオに回帰していて、今度中学卒業40周年の同窓会があるということで当時を思い出しました。
ワイヤングのヘビーリスナーでしたがDJの名前を失念して検索していてこのページにたどり着きました。
ビンゴです!
そう、泉浄彦氏でした。
ひげ面で、ロマンポルノの田中真理のファンであると公言しておられました。
宇和島の公会堂大宮ホールの公開録音にも行きました。
ステージ中央にマイクとバーに置いてあるような丸椅子が二つ置いてありました。
開始を待っている私たちの前に、マイクテストに現れたスタッフかと思うような人が現れ、
おもむろにマイクに向かって「♪ズビズビズバッバ」とお約束のフレーズを聞き慣れた声で口ずさんだのです。
それが泉浄彦さんでした。
私を含め周囲の中学生たちが「浄彦だ!」とざわめいたのを覚えています。
番組に何度かハガキを送って読まれたこともあります。
懐かしい記憶を確かにしていただいてありがとうございました。

コメント:を閉じる▲
「ハーブ・アルパートとティファナ・ブラス」

年輩の方は、このバンド名を御存知の方もいらっしゃるでしょう。
60年代~70年代に次々とヒットを出していました。
私もレコードをもっています。

ハーブ・アルパートのトランペットを中心としたバンドでした。
ノリのいいラテン系のリズムが印象的です。

マルタ島の砂 
大ヒットした「マルタ島の砂」
1970年の春だったか

初めてハーブ・アルパートの名前を知ったのは「マルタ島の砂」のヒットでした。

南海放送のラジオ番組「ミュージック・マラソン」で毎日かかっていましたね。
平日16:05~17:00までの番組だったと思います。
曜日によってDJが交替していました。
今は、DJ(ディスクジョッキー)じゃなくて、パーソナリティーと言うのでしょうか。

南海放送の男女2人のアナウンサーでやっていたと思います。
曽我タイローさんと高石かよこさんとか、あと泉きよひこさん、トミジローこと冨田さんも人気ありました。
この番組のオープニングで使われていた音楽・・・
ハーブ・アルパートの「ティファナ・タクシー」です。



どうしても思い出せない!
昨日書いた「ワイヤング」のテーマ音楽・・・
オープニングにかかっていたはずの音楽を、まったく思い出せないです~

ワイヤングが終わると深夜1時からは「オールナイト・ニッポン」ですね。
誰もが知ってる深夜放送も今年で45周年だそうです。
誰もが知ってるオープニングの曲・・・
ハーブ・アルパートの「ビター・スウィート・サンバ」です。

調べてみましたら、南海放送がオールナイト・ニッポンの中継を始めたのは79年からのようです。
そんなに遅かったでしょうかね?
それまでどうしていたかというと、1時になったら、ビター・スウィート・サンバを一生懸命探していました。
ニッポン放送を直接聴いていたかどうか覚えていません。
宇和島ではどの局もノイズ混じりで楽ではなかったと思います。
レモンちゃんこと落合恵子さんの番組(文化放送のセイヤング?)も聴きましたね。
ある日、南海放送でオールナイト・ニッポンの放送が始まった時は、唖然としました。
そして、バンザ~イ!ですな\(^o^)/

私の世代の男の子は、毎週土曜日の「鶴光のオールナイト・ニッポン」が人気あったと思います。
4時間やってたはずです。
土曜は、3時4時に寝てたと思います。

あと・・・あのねのね、タモリ、所ジョージ・・・
青春の想い出とリンクしてますよね。



ラジオネタ、終わらんなった~(^_^;)

FC2blog テーマ:ラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/10/13 18:00] | 想い出
トラックバック:(0) |
気まぐれで書いてみたラジオネタの続きです。

時代は、1970年前後。
南海放送ラジオの深夜番組「夜のバラード」の想い出です。
平日でしたか、毎日23:50~0:00の10分間だったと思います。
DJは、南海放送の門田洋子アナ。

夜バラ 
洋子ねえさん、まだ20代?のころ

1日の最後の10分間に出てくるお姉さんに当時の中高生はあこがれたはずです。
いかにもアナウンサーです!という感じの語り口ではなく、美声というわけでもなく・・・
ハスキーでもセクシーというほどでもなく・・・そう、やさしい声。
ふつうのやさしいお姉さんの声。
私は、そういう印象でした。

リスナーのハガキを読みながらの進行。
典型的深夜放送というか、僕らの番組といった人気番組でしたね。
この番組が終わると、0時の時報が鳴ります。
明日の学校のことを考えると、そろそろ寝ないといけない時間でした。

ずいぶん長寿番組だったようで、後継者の松沢はつみさんの声も強く印象に残っています。
門田さんは、現在もラジオ番組をもっていて、各方面でも活躍されているようです。
無理しないようがんばってほしいものです。



日付が変わった後、「ワイヤング」という番組も毎日やっていました。
あれだけ聴いていたのに、記憶が曖昧になっています。
たぶん、0:30~1:00だったと思うのです。

オープニングで、3人のDJがそれぞれ「ワイヤング」と叫び、最後に大勢の声で「ワイヤング」。
「ワ~イヤング!ワ~イヤング!ワ~イヤング!ワ~イヤング!!」という感じだったと思います。
そして、リスナー投稿のキャッチフレーズが読まれます。
「〇〇だよワイヤング 〇〇だよワイヤング 〇〇だよワイヤング・・・・・」
私は最後にオチをつけるのが得意でした(^^ゞ

南海放送のアナウンサーが交替で出ていました。
月曜は泉きよひこさんだったと思いますが。
あと、門田洋子さんも出てなかったですかね。

宇都宮もとしさんが出ていたのは、はっきり覚えています。
番組冒頭で、リスナーが投稿したキャッチフレーズが毎日読まれるのですけど、私は3回採用されました。
いつも宇都宮さんの時で、けっこうウケてくれました。
あの頃から、私のギャグはもう始まっていたんですね。

70年の段階では、ワイヤング終了後、南海放送ラジオ番組は終了だったと思います。
毎日の放送終了時に流れる淋しい感じの曲が忘れられません。



このネタ、引っ張ります。。。

FC2blog テーマ:ラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/10/12 18:00] | 想い出
トラックバック:(0) |
MINTさんやマツモトさんの記事を読んでいるうちに1970年頃にタイムスリップしていました。
70年といえば、歌謡曲と外国のポップスがどちらもヒット連発で競っていましたね。
私は、どちらも好きでした。

あの頃のたくさんのヒット曲を動画サイトで見ていたら、当時のラジオを思い出しました。

70年の年末だったか、両親が二人だけでスーパー「しんばし」で買物して帰ってきました。

父「ほい、これ」
私「え??なにこれ??」

目の前にナショナルGXワールドボーイの箱が。

父「ほしい言いよったろ?」

電気屋さんに立ち寄って買ってきたそうです。

秋からだったか、テレビでナショナルのGXワールドボーイのCMが頻繁に流れていました。
それを見ながら、すごいラジオやなぁと呟いていたのを知っていたようです。
15000円位だったと思いますけど、そんな高いもの買ってもらえると思ってなかったのです。
買ってほしいとも言わないのに買ってきてくれたので、びっくりしました。

もう手元に無いので処分してると思うのですけど、ネットで検索したらヤフオクがヒットしました。
非常にきれいな画像でしたので、ちょっと拝借。

GXワールドボーイ 
なつかしい!これですよ!
左側に付いてるのは着脱式のスリープタイマーです。
後ろは、かっこいいハードケースですね。
ラジオにタイマーなんて普通ですけど、この当時はありえないアイデアでした。
でも、オーブントースターのようにカリカリ音がするので、うるさかったかも。



GXワールドボーイ 
裏面ですが、単2電池3本仕様ですね。
電池ケースの左の端子はAC100Vが直に入る端子です。
これも当時は画期的だったと思います。



GXワールドボーイ 
3バンドで短波も入ります。
上部のスイッチも先進的でかっこいいし、パネル照明ランプ付。
ラウドネス、AFC、感度切替、トーンコントロール、スライド式ボリューム・・・
前面のメーターは、チューニング、バッテリーレベル、VUと3つの機能。
音質重視のスピーカーなど、ラジオの概念を打ち破った製品です。


3900円で出品されています。
大変きれいな商品ですから当分使えるでしょう。
悩みますけど、これを手に入れたところで、どうする?ということになりますので。
なつかしいから欲しいんだけど・・・

このラジオのキャッチコピーに「IC+FET」という文句がありました。
ICは集積回路、FETはトランジスタ?
よくわからないけど、このアルファベットに未来を感じました。
ワールドボーイの前にGXが付いてるのも、なんとなくかっこいい。

アメリカに追いつき追い越せという時代でしたね。
躍進あるのみの日本でした。

深夜放送を聴き始めたのは、このラジオがきっかけでした。
南海放送の「ワイヤング」が始まる頃にタイマーをセットして電気を消したものです。








FC2blog テーマ:AV機器・家電製品 - ジャンル:ライフ

[2012/10/11 20:06] | 想い出
トラックバック:(0) |
こんな歳になって、またまた趣味が増えました。

アウトドア、キャンプ。
お金もかかりますね~

キャンピングカーの中で使用する寝袋(シュラフ、スリーピングバッグ)を調べています。

もう40年前になりますけど、テントのカタログを擦り切れるまで見ていた時期があります。
念願かなわず、子供が小さい頃、再度アウトドアを計画したことがありました。
結局、実現しそうな今回、子供はみんな大人になってしまった。

憧れの寝袋を買います。
しかし、アウトドアは完璧に初心者。
経験者のアドバイスをお願い致します。


マミー型 
マミー型というそうです。
暖かそうですけど、窮屈じゃないのかなぁ。
この商品は、3シーズン用(春、夏、秋、初冬)で3000円で販売されています。



封筒型 
封筒型とはよく言ったもんだ^^
使いやすいですかね。
よく聞くブランド、コールマン製品で6000円かな。

氷点下での使用は考えていません。
でも冬場の車内は外気温とあまり変わらないかもしれませんね。

FC2blog テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

[2012/10/10 18:00] | キャンピングカー
トラックバック:(0) |
秋の夕方はいい

半袖だと少し肌寒くなってきたようだ

夕焼けを期待して 
お馴染の風景、もう収穫直前
スーパーの米が値上がりしてるけど、米屋さんはどうなのかな。



夕焼けを期待して 
日没直後
この季節、見る間に薄暗くなってくる。



夕焼けを期待して 
雲が多かったけど、いい色になってきた。
夕焼けモードは使っていない。
18日のお月さんに期待しておこう。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/09 19:40] | 日記
トラックバック:(0) |
今回、高松で発注してきたキャンピングカー「ミニチュア クルーズ」について。
いま流行りの軽キャンカーです。
軽自動車を改造する形になります。

ミニチュア クルーズ 

ミニチュア クルーズ 
後ろから内部を見る(カタログより)

カタログを穴があくほど見た後、現車を見ましたら、
期待通りというより、むしろ実物の方が高級感を感じました。
高級車と同じ材質で仕上げてあるとのことでした。

本物のベッドを思わせる厚みのあるマット。
マット下には収納スペースがあります。

右側にギャレーと伸縮式シャワーヘッド。
上部には収納、ティッシュ収納BOXとスポットライト。
ギャレーの下には、サブバッテリーと給水タンク。
排水タンクは、外部の車体下部に設置してあって、コックを捻ると排水できるアイデア。

サブバッテリーは走行中だけでなく、外部から100Vを接続して充電できます。
車内には普通の電気製品がそのまま使えるよう100Vのコンセント付です。

左側には、跳ね上げ式のテーブルとドリンクホルダー。
パソコンを置いて使用するのにちょうどいいスペースです。
内部に収納と上部にも収納があります。

天井には、センスのいい3個のLEDライト。
高いオプションでしたけど注文しました。

ほんとはキャブコンスタイルの車が欲しかったのですが、軽トラベースになってしまうのが気になっていました。
どうしても走りが気になります。
この車は、ターボ仕様 4WD 4ATということで、走りもかなり期待できます。
でも高かった~(^_^;)

また順次レポートしていきます。








FC2blog テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

[2012/10/08 18:00] | キャンピングカー
トラックバック:(0) |
昨日、長男が買う初めての車を引き取りにマツダ店に行きました。
在学中、軽自動車を買ってやったので、本人にとっては2台目の車です。

マツダデミオ 
マツダデミオ

きれいに見えるけど中古車です。
先日の中古車フェアに行った時に見つけた車です。
私は一度も中古車に乗ったことがないのですけど、息子は新車にはこだわらないようです。

このクラスの中古車にしては総額100万以上という、いいお値段でした。
もう5年経っているのですけど、最高グレードで、なぜか1万kmしか走ってないので高いようです。

おじさん的には・・・
5年前の大衆車が100万なんて、え~!!って思ってしまいます。
最近の考え方は、年数より走行距離が大切なんですね。
まあ、理にかなっているのかもしれません。
大衆車という言い方も、古っ(^_^;)



昔は、大学生に車買ってやる親なんて金持ちなのか?甘いな~と思っていました。
車通学なんて贅沢もいいとこ。
しかし、うちは二人の大学生に車を買い与えてしまいました。

若い人の車離れが大きな話題になっていますけど、うちはそうでもないようです。
長男は、メカに強いこだわりがあるようです。
次男は運転のセンスがいいみたいで、大きい車でもなんでも器用に乗りこなします。

二人とも大きいバイクも乗りますし、移動できるだけでは満足しないようです。
現代の感覚からすれば時代遅れなのかもしれません。

くれぐれも事故を起こさないように願っています。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/10/07 01:41] | 日記
トラックバック:(0) |


食べだしたら
キリンがない。

こんなとこですな。

[2012/10/06 08:03] | 日記
トラックバック:(0) |