伊予国からオヤジのつぶやき♪
フランスの俳優、アラン・ドロン(81)が引退を表明しました。

え! まだやってたの? まだ生きてたの?

そう思いました。

私の年代の方は全員御存知でしょう。

男前の代名詞みたいな俳優でした。

半世紀前の「男前」は、現代の「イケメン」とは意味が違いました。

ほんとに美しい男にだけ与えられた称号だったでしょう。



アラン・ドロン 
1960年代だと思いますが、姉が買ったシングル盤レコードがありました。

太陽がいっぱい

太陽はひとりぼっち

プレーヤーが壊れてるので聴けませんが、

レコードの音はなんとなく覚えてます。

私が観た作品は、

1971年公開「レッド・サン」

1975年公開「アラン・ドロンのゾロ」

どちらもテレビの映画番組で観ました。

昭和の大スターが次々と消えていきます。

平成も終わろうとしている今、

昭和っていつだったの?って言われそうですね。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:俳優・男優 - ジャンル:映画

[2017/05/12 18:00] | 想い出
|
ネットに懐かしい画像があったので拝借しました。

小学生の頃、模型が大好きで度々買ってました。

プラモデルって言い方はしませんでした。

うちでは「模型」です。


昔作った模型 
イマイの「デスカバラ」

1967~68年頃だったかなぁ。

サンダーバードのプラモデルに人気があった時代です。

宇和島の模型店「理工社」で買いました。



昔作った模型 
動画サイトにも掲載されていました。

完成すると、こんな感じです。

本体の外周に大きなタイヤがあります。

これが回転して走ります。

ほんとに走るんだろうかと思いながら完成すると・・・

タイヤが大きいので走る走る!

上に付いてる大きなレーダーも回転しました。

絨毯だといまいちみたいですが、畳ではよく走りました。

6畳の部屋の端から端まで、あっという間。

速かった記憶があります。

イマイの模型は大変よくできていました。







にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2017/04/26 18:00] | 想い出
|
最も映画を観た年は1978年だったと思います。

当時、地方新聞の販売店から毎月のように映画のタダ券をもらいました。

割引券ではなく無料券です。

当時の映画館は1000円くらいだったでしょうか。

新聞の購読料もそれくらいだったので新聞社の儲けはなかったでしょうね。

あの当時、映画の黄金期だったと思います。

世界的な話題作が次々公開。

テレビで放送されるのは何年も後。

レンタルビデオ屋さんも、まだありません。

映画館で観た人も多かったでしょう。



以下、昔の記憶から1978年頃に観た作品です。

映画館は、宇和島東映と菊みどり劇場です。

現在は、どちらも消滅してます。


1978年に観た映画 
ドクター・モローの島
動物を人間化する研究。


1978年に観た映画 
未知との遭遇
世界的に大きな話題になったスピルバーグ作品。


1978年に観た映画 
多羅尾伴内
小林旭主演。


1978年に観た映画 
最も危険な遊戯
松田優作の人気シリーズ。


1978年に観た映画 
マニトウ
思った以上におもしろかったオカルト映画。


1978年に観た映画 
死亡遊戯
不滅のブルース・リー作品。


1978年に観た映画 
スター・ウォーズ
未知との遭遇と人気を二分した名作。


1978年に観た映画 
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
アニメを観に行く年齢でもなかったけど、
これは観たと思います。


1978年に観た映画 
スパイダーマン
みんな知ってるスパイダーマン。


1978年に観た映画 
溶解人間
思ったほど怖くなかった。


1978年に観た映画 
フューリー
カーク・ダグラス主演、念力の映画。


1978年に観た映画 
ケンタッキー・フライド・ムービー

ギャグ連発で笑いっぱなし。
1979年、所ジョージの「下落合焼とりムービー」も話題になった。



追加

ネットの映画リストには出てなかったので、うっかりしてました。

1978年に観た映画 
サタデー・ナイト・フィーバー
あの頃、ディスコの大ブームでした。
この映画を観た人は多いでしょう。
音楽も良かったですね♪


1978年に観た映画 
フレッシュ・ゴードン
1974年アメリカ公開映画が日本では1978年公開。
SFポルノとでもいいましょうか、実写映画です。
ポコチンロケットが印象的でした。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


FC2blog テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

[2017/04/24 18:00] | 想い出
|
半世紀昔の想い出です。

マノック産業って記憶にありませんか?

現在50~70才位の年代の方かな。

よこやマノックじゃありませんよ~



小学生の頃、時々買ってもらった漫画本。

少年画報、少年マガジン、少年サンデーだったと思います。

通信販売や通信教育の広告があちこちにありました。

記念切手、モデルガン、アマチュア無線の通信教育など・・・

当時のスパイ映画やドラマの影響もあり、

モデルガン、空気銃、盗聴盗撮グッズ、トランシーバーなど、

少年の好奇心は高まる一方でした。

私はモデルガンが一番欲しかったです。

数千円だったと思います。

当時の小学生にとっては1000円でも大金。

とても手が出ませんでした。

それに、火薬を使う本物そっくりのモデルガンを

買ってもらえそうな雰囲気でもなかったと思います。



170325.gif 
Twitterから拝借した画像です<m(__)m>

当時のマノック産業の広告だと思います。

半分切れてますけど、右の方のケンスコープ。

私が買った商品だと思います。

万年筆みたいなデザインで胸ポケットに入りました。

ペンではなくて小型望遠鏡でした。

宇和島城や裏山のみかんを見たら、けっこう見えました。

引き抜くと顕微鏡の機能になりました。

畳にいたアリが大きく見えたと思います。

外で遊ぶことが多かったあの頃、

いつも持ち出していたと思います。



この広告には280円になっていますね。

たしか、それくらいな値段だったでしょう。

送料をプラスして400円分くらいな切手を送りました。

当時の通販は、現金書留か為替、若しくは切手でした。

代金を切手で払う場合は、1割増しだったかもしれません。

ケンスコープは、私が通販で買った初めての商品だったと思います。

マノック産業には欲しいものがいっぱいありました。

でも買ったものは、これだけでした。



欲しくてたまらなかった3500円のトランシーバーを買うことはできず。

大人になってからアマチュア無線家として夢を果たしました。

反動は大きくて、100万円ほど使ったと思います。



モデルガンは・・・

これもあきらめられず。

いずれ続編にて。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2017/03/25 18:00] | 想い出
トラックバック:(0) |
7月10日は「ウルトラマンの日」

ウルトラマン放送50周年を記念して生放送の特番など、

いろいろなイベントが行われています。

ウルトラマンの第1回放送は1966年7月17日でした。

その1週間前の7月10日、

ウルトラマン前夜祭ウルトラマン誕生」という番組PRイベントが

公開録画中継で放送されました。

僕たちが初めてウルトラマンを目にした日が7月10日です。



機会があって、前夜祭の放送を観ることができました。

半世紀前のことなので、はっきりした記憶はありません。

昔の放送ですけど、著作権の問題が発生した場合、

この記事は削除しますので御了承ください。



ウルトラマンの日 
タケダタケダタケダ~♪
スポンサーの歌がなつかしい。
前夜祭の題は「ウルトラマン誕生」



ウルトラマンの日 
会場の杉並公会堂の客席の様子。
大勢の子供たちと父兄が来場。
このお姉さんは誰?
会場でアリナミンAの宣伝をしていた。



ウルトラマンの日 
ステージに現れたモンスター博士。
円谷英二と名乗っていたが偽物だった。

田中明夫さんという俳優らしい。
調べてみると、たくさんのドラマに出演している。
私の記憶にはなかった。



ウルトラマンの日 
客席は満員のようだ。
子供たちは現在、還暦過ぎてる子も多いかな。



ウルトラマンの日 
コーラスグループが出て来て、ウルトラマンのテーマを歌う。



ウルトラマンの日 
客席後方から出て来てステージに上がった泥棒たち。
「親亀の背中に子亀を乗せて〜」のギャグは聞き覚えがあった。
彼らは当時の人気コメディアン「ナンセンストリオ」



ウルトラマンの日 
怪獣が次々と現れる。
ここで「科学特捜隊の歌」の生歌♪



ウルトラマンの日 
科学特捜隊の隊員が客席後方から現れステージへ。
怪獣たちと格闘中。
素手では勝ち目はない。



ウルトラマンの日 
ステージの階段上から登場したウルトラマン。
初めて見るウルトラマンだ。
ここから50年も人気が続くとは誰も思わないだろう。



ウルトラマンの日 
ウルトラマンは階段を駆け下りてステージで怪獣と対決。
見にくいが中央がウルトラマン。

この時、階段から落ちたという情報をいただいた。
この姿勢に戻る直前、たしかに起き上がる様な動作が見られた。
階段の途中から客席の画面に切り替わっていて不自然。
どっと観客の笑いがきた感じだった。
こけた可能性があるようだ。



ウルトラマンの日 
各隊員が1人ずつ自己紹介。
ハヤタ隊員を見るのも、この時が初めて。



ウルトラマンの日 
客席で観ていた本物の円谷英二氏(左)がステージへ。
右は、ムラマツ隊長。
僕らが知っていたのは真中のフジ・アキコ隊員だけだったかな。
フジ隊員役の桜井浩子さんは、ウルトラQに出演していた。
2~3年前、松山にも来ていた。

出演者の発言の中で、
「科学特捜隊は自衛隊とは関係ない」
「ウルトラマンは力道山の生まれ変わりみたいに強い」
などの説明がおもしろかった。



ウルトラマンの日 
出演者全員と客席がウルトラマンの大合唱♪
全員、歌詞カードを見ながら歌っていた。
隊員くらいは覚えてきてほしかった。



ウルトラマンの日 
最後に次週7月17日の予告編。

ハイシーAのCMもなつかしかった。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


FC2blog テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2016/07/10 12:46] | 想い出
トラックバック:(0) |