伊予国からオヤジのつぶやき♪
オーディオ道を始めて40年。

あの頃、安い給料を貯めて買った30万円のコンポ。

一部現存してますけど、使ってるのはスピーカーだけです。

レコードプレーヤーは壊れてから30年近く経ちました。

たくさんのレコードを、もう一度聴いてみよう。

そう思ってプレーヤーの物色をしてます。

最近、初めて知ったこと。

ターンテーブルってのがナウい言い方みたいですね。

たしかにターンテーブルは付いてますけど。。。


ターンテーブル 
今でもたくさんの機種が出てます。

またレコードブームでしょうか。

昔のオーディオブームの頃に比べると安いものが多いようです。

1万円程度の機種もよく売れてるんですね。

私らの感覚では、最低4万円以上のDD(ダイレクトドライブ)が常識。

ベルトドライブは論外だと思ってました。

今はベルトドライブが主流のようですね。

安いのはいいけど、なんだかオーディオ機器って感じじゃないなぁ。

もちろん高いものは、それなりに高性能のようです。

あんまりうるさく言う時代じゃないのでしょうかね。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

[2017/06/16 22:36] | オーディオ
|
昨日の深夜のこと。

ネットワークオーディオの電源を入れて、

リモコンのボリュームをいじってましたら。

爆音!!

びっくりしました!

こんなことって、あるのだろうか?


リモコン操作で爆音が! 

薄い小型リモコンです。

親指先の2つのボタンがボリューム。

たぶん一瞬、両方のボタンを同時に押してしまったと思います。

でもふつう爆音なんか出ますかねぇ。

怖いな。

他の機器でも試してみたいけど勇気がありません。

爆音はスピーカーを痛めることがあります。

誰かやってみて(;^ω^)



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


FC2blog テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

[2016/11/19 18:00] | オーディオ
トラックバック:(0) |
昨日の「MDの終焉」続編です。

MDに保存されてる音楽をパソコンに取り込みたい。

調べてみると色々ありました。

昨日のコメントでも情報をいただきました。

ありがとうございました。

高い金額はかけたくないという方針で検討しましたところ・・・



USB接続オーディオキャプチャー

I/Oデータ USB接続オーディオキャプチャー AD-USB

信頼できる日本の周辺機器メーカーです。

安価ですから気楽に買えます。



USB接続オーディオキャプチャー

シンプルな構造というか、接続コードです。

片方はパソコンのUSB端子に挿入します。



USB接続オーディオキャプチャー

ライン出力  レコード入力(アース線付)  ライン入力

MDプレーヤーのヘッドホン端子とキャプチャーのライン入力を接続。

キャプチャーのライン出力にPCスピーカーなどを接続できます。

メーカーによってはライン出力が無いものもありました。

音声をモニターできないと困ると思います。

ラジカセを接続するとカセットテープのデジタル化もできます。



レコード入力には手持ちのレコードプレーヤーを接続できます。

アース線も付いています。

本製品は、フォノイコライザーが搭載されています。

昔のプレーヤーをそのまま接続して、レコードをファイル化できます。

最近のプレーヤーはフォノイコライザー付のものが多いと思います。

その場合は、ライン入力を使用する必要があります。



付属のCDからソフトをインストールして使用します。

操作は簡単で、編集機能などもあります。

メーカーサイトにはWindows10用のバージョンもあります。

ほとんどのパソコンで使用できると思います。



アナログのデジタル化。

レコード、カセットテープ、ビデオテープ、フィルムなど。

なるべく早くやっておいた方が良いですね。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村


FC2blog テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

[2016/05/05 18:00] | オーディオ
トラックバック:(0) |
MDは若い世代から年配層まで広く普及したメディアだと思います。

カセットテープの時代が終わった後、MDが活躍しました。

私の認識では、特に2000年頃からMDが主役になったと思います。

MDコンポ、MDラジオ、MDカーステ・・・

うちも一通り買いました。



MDの終焉
MD(ミニディスク)

コンパクトで機能豊富、音質も良く使いやすいです。

当分MDの時代が続くと思っていたら・・・

知らない間に終わっていました。

ほとんどのメーカーが再生機の生産中止。

消滅するのは時間の問題のようです。



それに代わるのはMP3などのパソコン用音楽ファイルです。

音楽はダウンロードが主流だといわれるアメリカの影響でしょう。

高いお金でCDを集めるのは日本人だけだとも聞きます。

数年前から、オーディオ機器からMDが無くなり始め、

USB端子が付くようになりました。

今からはPCを利用した音楽ファイル形式になるのかな。

そう思ってからが、めっちゃ早かったです。



これからは、ネットワークオーディオが主流になるだろう。

そう考えて、家庭内LANで2台のネットワークオーディオを使ってます。

非常に便利で音質もいいのですが、いまいち流行らない??

お値段の問題とPC知識がちと必要。

一般的には、PCに外部スピーカーを接続するスタイル。

スマホのBluetooth機能を利用して対応機器で聴く。

そういうスタイルが多いのかもしれません。



私は、数年前からMDを使っていませんでした。

しかし子供たちは、まだMDをかなり利用しています。

そろそろMDの音楽をPCにコピーしなければなりませんね。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村





FC2blog テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

[2016/05/04 22:42] | オーディオ
トラックバック:(0) |
リフォームに伴い、テレビのアンテナを撤去したのでテレビが見れません。

新しいアンテナはまだ取付けてないので、毎日がラジオの生活です。

リビングのネットワークオーディオでラジオを聴いてます。

レシーバーに付属してるアンテナは一般的な室内アンテナです。

アンテナ線は適当に這わせてました。

電波は弱くないのですが、不安定で受信できないこともありました。



「あんて無きもののごとし」



聴こえないのでは無いのと同じ。

この際、調整してみました。



レシーバーのアンテナ調整
AMループアンテナ

以前はスタンドを組み立ててレシーバー周辺に置いていました。

耳で聴いた感じは、音が途切れる感じで滑らかさがありませんでした。



レシーバーのアンテナ調整
レシーバー後方の壁にピンで留めました。

低い場所より感度が良くなり、音もスムーズになりました。

低い場所には電気製品があるのでノイズを拾ってましたが、だいぶ改善しました。

これより高くしてみたけど、感度はこのあたりの方が良いようです。

窓に近い場所、高い所が受信しやすいといわれてます。

実際には動かしてみないと分かりませんね。



レシーバーのアンテナ調整
FMアンテナ

アンテナというか線ですね。

以前は、低い所に適当に置いていました。

高さを上げて壁にピンで固定しました。

その差は歴然。

少しのことですが、大きく改善しました。

アンテナは壁にくっつけた方が良いみたいですね。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村





FC2blog テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

[2015/12/04 18:00] | オーディオ
トラックバック:(0) |